金のはり治療院が7月10日から内幸町・新橋(最寄駅)に移転。

港区西新橋1-16-2 山水ビル6F

         TEL:03-6550-9065

         FAX:03-6550-9064

受付時間が変わります。

 平日(月曜日~金曜日)

 午前10:00~20:00

土曜日

 午前10:00~15:00 に変更になりました。

但し 平日(月曜日~金曜日)19:30以降は要予約です。

kinnohari.jpも見てください

私たち可愛いでしょう、キャンペンガール・キャンペーンボーイです。不妊治療の項目もみてね!





金のはり治療院の特徴

■本格的なはりが打てます

 古来から伝わる「手技」・「鍼の長・短・太・細」を自在に扱える技量を兼ね備えた鍼灸師が少なくなって来ました。では、なぜ・・・ 勿論、先天的なものも有るのですが、そこに到達する迄に芽を摘み取られている現実 これは別のコーナー「鍼灸私譚」取捨選択-経絡治療の功罪で一部述べさせて頂きます。

 

金のはり治療院は先哲の偉大な技術を基に35年の臨床実績と常に十数種類の鍼を患者さんの体質、病の所在によって「長・短・太・細」を使い分け皮下だけの「単に痛くない鍼治療」ではなく、「気血」のバランス改善を重視した治療、例えば深奥部に「気血」が必要な場合は痛みを伴なわないでそこまで鍼を運んでいく本格的な治療が出来ます。 


■治療に使うはりは「使い捨て」のはりではありません

 ふだん私たちは「使い捨て」が清潔で良い、安全だ。と思いがちです。

事実そういう面も多くありますが、金のはり治療院で使用するはりは「使い捨てではありません」。

ステンレスの材質でも硬軟有り 長さも色々で特別注文の鍼が多くなりますが「使い捨て鍼」(ディスポーザブルの鍼)ですと色々な技術(手技)が使えません。例えば「弾爪術」のように鍼の頭を爪ではじいて鍼に振動や捻りを加える手技はとても軟らかい鍼でないと出来ません。ディスポーザブルの鍼では無理な話です。

 

 その為、毎回高圧滅菌器(オートクレーブ)で135°、3気圧で一回一回 完全滅菌を行い感染症の心配は有りません。

 そもそも、細菌 ウイルスは金属の上では生息出来ません。注射針と違い中が空洞ではなく 身体の組織(肉片や血液など)が残留しない鍼には感染症の心配は全く有りません。感染症の心配が無く患者さんへより高度な治療が出来るのなら ということで厳選された鍼を使用しています。

 

わたしたちのはり治療がめざすもの

 私たち「金のはり治療院」は、本来「対症療法」であるはり治療を、身体の気血循環を良くし、原因となる組織を活性化することで自然治癒力を高め、最終的に「原因療法に帰結」するよう、常に技術の向上と治療の努力を惜しまない治療院をめざしています。     

 

早い話が「もと」を治したい!

その場限りの治療や、習慣のように薬を飲み続けている。体調に波があり、常に「健康体」であるという自信がない。また、毎回同じ症状や怪我の後遺症に長年悩んでいる・・・そのような方に効果的かつ積極的な治療によって患者さんと一緒に「完治」をめざしたい、「健康体」を取り戻したい、というのがわたしたちの治療院です。


   はり治療の可能性


対症療法と原因療法

対症療法とは、病気の原因を取り除くのではなく、病気により起きた症状を和らげたり、痛みや不快を取り去る療法ですが、原因が残っている為 再発の可能性も有るのです。

原因療法とは病気の元になっている原因に働きかけ その原因を治したり、取り除く方法で再発の可能性が少なくなります。

鍼灸治療は 対症療法とされていますが それにとどまらない可能性も秘めていて 例えば 椎間板のヘルニアが無くなったり リュウマチの関節鼠の軟骨片が消えてなくなったり 物が歪んで見える黄斑膜のシワが取れたり、普通に考えればありえないことがかなり起ります。

対症療法でも 原因療法に近い治療をめざして研鑽しています。