心身疲労(リラックス治療)


 漢方の古典的な経絡治療の脈診で選穴し、本治法を行い、その後標治法を加えます。必要な場合は灸頭鍼も行い、その変化、経過を見ながら治療を行っています。ただ、これらの病気も自律神経免疫療法一本で考えるのは危険で、その見極めが大切です。