テニス肘、野球肘

ふたつの共通点は「肘が痛くラケット(もしくはボール)が振れない(投げられない)」という点と、「腕の酷使」です。テニス肘も野球肘もスポーツによって起こるものですが、近年ではPCのキーボード、マウスやスマートフォンのでの手首の酷使によってなる人も増えています。治療によって痛みはすみやかにとれますが、スポーツならば自身のフォーム改善、PCやスマートフォンが原因ならば生活態度・環境の改善を自らやらなければ完治はしません。

治療について

[テニス肘]

いずれも関節・腱・靭帯の治療になりますが、テニス肘の場合、肘の外側(外側上顆)に炎症、痛みを生じます。内側(内側上顆)にまれに炎症を見ることが有りますがほとんど外側です。

バックハンドストロークで正確に球をとらえられず、手首の力で球をかえしていると手関節の伸筋やその付着部位にふたんがかかる。結果、筋の変成や骨膜の炎症などが発生します。


[野球肘]

野球肘の場合はほとんどの場合内側の炎症です。投球動作を積み重ねることで起こる肘の痛みをいい、主に投手に多く見られます。野球肘は体ができていない年少者が過激な練習などで肘に多大な負担をかけ、未だしっかりしていない骨と靭帯が付着部分で炎症を起したり剥れそうになった状態も多くで安静が必要です。





治療は関節刺法で細い鍼で骨膜を傷つけないように間接裂隙に刺入し、靭帯に沿って治療を行ない付着部分の悪血(於血)を刺絡療法で取り除いてやると嘘のように痛みがとれるが、治ったのではなく、一時的に炎症や痛みが軽減しただけなので、治療を加えながら1~2週間の安静が必要である。テニス肘も同様の治療です。