花粉症★キャンペーン治療対象★

色々な花粉に悩まされている、薬を飲むのがつらい。そういう方はぜひ、外側からの治療だけではなく、身体の内側からも治していくということにも目を向けてみてはいかがでしょうか。はりの治療は単に症状を押さえ込む、ということではなく、自身の免疫力を上げていくことで症状を緩和してくという考えです。 花粉症は季節ごとに辛く不快な症状なため、早めの来院をお勧めいたします

花粉症とは?

植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによってアレルギー反応が引き起こされるものです。

主な4大症状としてくしゃみ、鼻水がとまらない、鼻が詰まる、かゆみ、などがあり、症状や反応する花粉は人それそれです。朝のニュースで花粉情報が流れたり、その症状から日常生活に支障をきたす人も多いため、もはや「国民病」といってもいいでしょう。治療法も多々あり、自然治癒は今のところできないとされています。

治療の方法

花粉症治療は、通常治療で使用している鍼ではなく、免疫作用の強い「金のはり」を使用します。昔は「花粉症」という言葉もなく認知もされていませんでしたが、鼻炎の治療なども含め、わたし(院長)が臨床と経験において、金の持つ免疫作用が花粉症治療に有効だと判断したからです。当治療院独自の考えなので、よその治療院では行っていないのではないでしょうか。

免疫療法を行った後、金のはりを症状左右の特殊なツボに4mm程刺入してそのまま3・4日~1週間刺入しておく、という治療を行います(折れることはなく、痛みもありません)。


「金」という素材は大変免疫作用の高いものです。

「免疫作用」とは

①「学習する」白血球に対して、何がからだにとって”外敵”なのかを学習するように働きかける。

②「攻撃する」”外敵”を認識したら、敵に対しての攻撃をしかけるように促す。

③「記憶する」”外敵”をやっつけたら、攻撃をやめて次の”外敵の侵入”に備えなさい、と促す。

この3つの作用がバランスよく働いていると、からだの免疫システムが正常に動いている、ということになります。

 

「金」という強い素材に自身の免疫力が集まってくる(そのため刺したままにします)というイメージです。あくまでイメージ的な解説ですが「金」の免疫作用とはりのツボを利用した治療、とお考えください。

 

もちろん、免疫療法も同時に行います。治療は特殊なツボから鼻梁の中心に向けて、また「印堂」と言う眉毛と眉毛の間のツボから鼻梁の中心に向け3本が合わさる様に3cmほど刺入します。また、手と頸のツボも使います。ちなみに「特殊なツボ」というのは師・岡田明祐先生より直伝されたツボなので、鍼灸師なら誰でも知っている、できる、というものではありません。


次回の治療の際に金の鍼の入れ替えを行ないます。治療は1~2回/週で、症状が人により個人差があるため、期間は限定できません。1~2回の治療ですぐに回復する方もいます。しかしできれば「自身の免疫力をあげる」という意味で、1シーズンと考えていただいた方が良いかと思います。

金のはりお買取りについて

金のはりは鼻のツボに入れたまま治療時に交換するという治療をするため、衛生面を考え、患者さん個人のものとしてお買取りをしていただきます。

左右2本を必要とするため1セット:1,000円(1本500円)

滅菌入替え用含め4本:合計2,000円となります。